9月3日に聞きたい歌。Aimerの「セプテンバーさん」RADWIMPSの名曲を美しくカバー。

セプテンバーさん」とは、RADWIMPSのメジャーデビューアルバムに収録されている曲で、10年以上経った今でもファンに愛される名曲です。

曲名のセプテンバーは英語で九月、さんはそのまま日本語で3。9月3日という意味になります。

収録アルバムはこちら⬇︎

なぜ9月3日?

ではなぜ、9月3日なのか?

9月3日はRADWIMPSがインディーズ時代の最後のライブで、メジャーデビューを発表した大切な日です。

ファンに大切にされている理由も、この日が今尚、日本の音楽シーンをリードするRADWIMPSの原点だからです。

夏の終わりを絶妙に表現した、天才的な歌詞

「セプテンバーさん」を作詞したのは、ギターボーカルの野田洋次郎さん。RADWIMPSのほとんどの楽曲の作詞、作曲をしています。曲のタイトルにしても、歌詞にしても「天才」という表現がぴったりです。

セプテンバーさんの歌詞も、9月という微妙な時期の情景を自身のインディーズ時代の終わりとメジャデビューへの思いを重ねた表現をしています。

個人的に好きな歌詞は

夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの?
さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ
夏がちらかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう
そう今だから この声だから 響くセプテンバー

メジャーデビューへの決意も感じられる、この部分の歌詞が個人的には気に入っています。

Aimerのカバーで再び脚光

「セプテンバーさん」が収録されているアルバムが発売されたのは2006年。10年後の2016年にAimer(エメ)さんがカバーしたことで再び脚光を浴びました。

Aimeさんがカバーした理由としては、RADWIMPSの野田洋次郎さんが「蝶々結び」という楽曲を提供したことから。

この「蝶々結び」という楽曲も素晴らしいのでぜひ聞いて欲しいです。

Aimerが歌うことで新たな思いが重なる

私はこの「セプテンバーさん」をAimerさんが歌うと、また違った思いを感じられるのではないかと思いました。

”さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば”

Aimerさん自身の声を失った過去と、現在の独特の歌声を手に入れるまでを知っているファンとしては、この歌詞は心に刺さるものがあります。

Aimerさんの声の秘密についてはこちらの記事⬇︎

【奇跡の歌声】Aimer(エメ)唯一無二の歌声の秘密 プロフィールやエピソードをご紹介

8月 14, 2019

これを見て欲しい!

Aimerさんが2018年に開催したライブ「été(エテ)」。

フランス語で「」という意味です。このライブでの「セプテンバーさん」が個人的に感動的だったので、ぜひ見て欲しいです。

ライブ映像はこちらのCDの特典DVDで見ることができます⬇︎

このライブでの「セプテンバーさん」はなぜかキラキラしていて、見ていて笑顔になってしまう不思議な魅力がありました。

会場の隅に座って、揺れながら歌う可愛らしいAimerさんにも注目!

【Aimer】結婚式ソングにオススメの楽曲5選!恋する心情や家族への感謝を伝える楽曲をまとめました。

Aimer(エメ)の歌声はなぜ癒されるのか?なぜ聞く人の心に響くのか?歌声の秘密をご紹介。

【Aimer】卒業ソングにオススメのAimerの楽曲は?旅立ちや新しいことに挑戦する前に聴きたい歌をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。