バンコクからアユタヤへ鉄道で格安移動!思っていたよりも簡単で快適。チケットの買い方、乗車方法をご紹介。

タイ・バンコクへの観光で一緒に観光したい観光地として「アユタヤ」があります。バンコクからは少し離れていますが、日帰りでも行ける観光地として人気です。

私たちも日帰りで観光してきました。移動手段は鉄道、タクシー、乗り合わせのバス、ツアーに参加、などなど様々あるのですが、今回は私たちが利用した鉄道での行き方をご紹介します。

鉄道の出発駅はバンコク駅

バンコクからアユタヤへの電車はバンコク駅から出ています。

私たちはタクシーで向かったのですが「バンコクステーション」とタクシー運転手の方に言っても通じず「フアランポーン」と言うと通じました。地元の方はバンコク駅とは言わないみたいです。

Googleマップで見ると

バンコク駅の下に

フアランポーンと言う駅があります。

ちなみにかなりの確率で「駅からアユタヤへ行くの?」と聞かれますが、答えない方が良いです。

タクシーでアユタヤまで連れて行かれそうになるので、駅までで良い旨をしっかり伝えましょう。

駅でチケットを購入

駅の構内です。チケットは窓口で買います。鉄道のスタッフっぽい人に聞くと「アユタヤ行きは13番と14番で買えるよ!」と言われました。

こちらが13番と14番の窓口。「どこまで行くの?」と聞かれるので「アユタヤ」と告げます。この時、指定の時間があれば時間も伝えましょう。また、等級が別れている場合があるので、2等なのか3等なのかも伝えましょう。

時刻表はこちらから調べられます。

私たちは、直近のチケットを購入。こちらは3等のみだったので、そちらを購入。料金は

15バーツ 安い!

時間帯や混み具合によって値段は少し変わるみたいです。(3等なら15〜45バーツ)

こちらがチケット、2名分。一応記載内容に間違いがない確認しましょう。

駅構内の施設

出発まで時間があったので、駅構内で時間を潰します。

構内には、ベンチ、フードコート、コンビニ、カフェなどの施設があります。

フードコートは衛生的に少し不安なところがありました。トイレもありますが、あまり清潔ではなく、紙は持参しないといけないです。

私たちは構内で最も清潔そうなこちらのカフェで電車を待つことにしました。

駅の掲示板も見えるので安心。

乗車

いよいよ乗車。ホームへ向かいます。

全て3等車と言うことで、どこから乗り込んでも大丈夫でした。空いている席に座ります。ネット情報では3等は少し汚いと言う情報がありましたが、思っていたよりも綺麗でした。(清潔とは言えないですが・・)

一応扇風機がありますがあまり意味はありません。窓が全開なので走り出すと風が気持ちよく快適でした!

定刻通り出発。出発すると、車掌さんっぽい人が来るので、チケットを見せましょう。ペンチのようなもので端っこをパチっとしてくれます。

あとはアユタヤへ向かうだけ!この電車は1時間40分ほどでアユタヤにつきました。快速もあるみたいなので、早く移動したい方は事前にチェックしておきましょう。

時刻表の検索はこちらからできます。

まとめ

チケットの買い方も乗車の仕方も思っていたより簡単でした。何より料金がとても安いのが魅力的!移動費を抑えたい方は鉄道の利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。