ワーキングホリデービザ宣誓書の書き方を詳しく丁寧に解説します。【フランスワーキングホリデー】

フランスワーキングホリデービザの申請に必要な書類は下記の通り。

  1. 申請書類チェックリスト 詳細
  2. 長期ビザ申請書1部 書き方
  3. 証明写真1枚 詳細
  4. パスポート 取得方法
  5. 申請動機作文1部 書き方
  6. 滞在中の計画書および履歴書 書き方
  7. 残高証明書  取得方法
  8. ワーキングホリデービザ宣誓書
  9. 健康診断書 詳細
  10. 海外旅行保険加入証明書 詳細
  11. レターパック(ビザ付きのパスポートを郵送で受け取る場合)
    レターパックの詳細は郵便局のHPへ

申請の全体の流れはこちらから見れます

この記事では「8.ワーキングホリデービザ宣誓書」の書き方について解説します。

申請に必要な書類は全てA4サイズで準備しましょう。

ワーキングホリデービザ宣誓書の用紙

ワーキングホリデービザ宣誓書の用紙はフランス大使館のHPからダウンロードできます。

書き方

用紙に日本語で訳もついているので、簡単ですね。

・氏名 

ローマ字で記入します。
【記入例】  Hanako Yamada
結婚して苗字が変わっている方は右側に旧姓を記入します。
【記入例】  Hanako Yamada Tanaka

・生年月日

日・月・年の順番で記入します。
【記入例】   06/22/1995  又は   06.22.1995

・出生都道府県

生まれた都道府県を記入します。住んでいる都道府県ではないので注意!
【記入例】   Kagoshima

・国籍

国籍は日本なので
男性は Japonais   女性は Japonaise
と記入します。

・現住所

例として 123-4567 鹿児島県宮崎市熊本89番地1 という住所だったら・・

【記入例】 89-1,Kumamoto,Miyazaki-shi,Kagoshima-ken,123-4567,Japon

フランス語で記入するので Japan ではなく Japon と記入します。

・署名日

大使館に提出する日を記入します。
【記入例】  22/01/2020

・パスポートと同じ署名

パスポートに書いている署名と同じ字体で署名します。(漢字で書いてあったら漢字で記入)

まとめ

日本に帰る意志があることを証明するための書類である「ワーキングホリデービザ宣誓書」。特に難しいところはないのでサクッと書き終えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。