個人が「旅を仕事にする」具体的な方法のまとめと稼ぎ方【10選】

旅を仕事にして稼ぐ方法や旅行しながら稼ぐ方法をまとめました。国内旅行・海外旅行が趣味という方は多いと思います。その趣味を活かしてお金を稼ぐことができたり、旅行中でも稼げる仕事をご紹介します。

私もパティシエとして働きながら、時間を見つけて旅をしています。パティシエの給料だけでは旅の資金は賄えないので、ネットでできる副業、旅行の経験も活かして資金を稼いでいます。

いくつか方法をご紹介しますが、どれも土台となる知識や技術・コンテンツの準備期間が必要になるので、焦らずに準備しましょう。

●旅を仕事にして稼ぐ方法

まずは旅を仕事にして稼ぐ方法。「自分の旅や旅行の経験を売る」方法ですが、かなり難易度が高く、技術、センスも必要になると思います。

1.Webライター

まずは旅行系のWebライターです。自分の旅の経験を元に記事を書く仕事です。有名なサイトだと「TABIPPO.NET」や「トリップノート」などのサイトがあります。報酬はサイトごとに違っていて、1記事500円〜や、記事のPV数に応じて報酬が発生するなどが一般的です。

初めは単価も低いですが、継続して記事を執筆して「専属ライター」になると、より大きな報酬をもらうことができます。

私も挑戦しようと思いましたが、安定して記事を執筆できないこと、記事の書き方や内容に制約があることを考えると、継続するのは難しいと判断しました。

初心者にはあまりおすすめできない仕事なのかなと思います。

どうせ記事を書くのならば、後ほどご紹介する「個人ブログ」が自分の資産となるのでおすすめです。

2.SAGOJO(サゴジョー)で仕事を受ける

旅人と企業をマッチングする「SAGOJO」というサイトがあります。掲載されている仕事の中からやりたい仕事に応募して、仕事をすることができます。

私も登録していて、いくつか仕事をしてみました。掲載されている仕事は常に変わりますが、初心者でも簡単にこなせる報酬500円〜の仕事もあります。

単発で旅行記事を募集することもあるので、Webライターに応募する前の腕試しとして挑戦してみるのもありです。

常にできる仕事を募集しているわけではないので、安定して稼ぐことは難しいですが、登録しておいて損はないサイトです。SAGOJOで実績を積んで、仕事の案件をもらえる可能性もあるので、そちらを目指す方法もあります。

旅人求人サイト「SAGOJO」は稼げるのか?実際に旅人登録した結果と口コミや評判。

3.動画で稼ぐ

旅の様子や旅先の風景を撮影して、動画で稼ぐ方法。有名な動画サービスには「YouTube」があります。ただ、YouTubeで安定して稼げるようになるには、かなりハードルが高く、実際に旅行系のYouTuberで稼いでいる方は、合わせて動画編集のノウハウやその他のコンテンツと合わせてチャンネルを運営しています。

アイディア次第ではまだ参入できる隙間はあると思いますし、撮影機材とパソコンさえあれば始められるので、挑戦してみても良いと思います。

チャンネルが伸びてきて土台ができたら、動画編集者を雇用して、作業の効率化をしている人も多いです。

4.写真を売って稼ぐ

旅先で撮影した写真はネット上で販売することができます。初心者でも簡単に写真を販売できるサービスに「ストックフォト」があります。

私もいくつかのストックフォトサイトに登録していて、月に5000円〜稼ぐことができています。1度登録すると、サイト上で継続して収益が発生します。

いくつかのストックフォトサイトを試しましたが、比較的売れやすいサイトを3つご紹介します。

・PIXTA(ピクスタ

国内最大級のストックフォトサイトです。プロレベルの写真が数多く登録されているので、初心者が参入するのは厳しくなっています。写真を登録する前に審査もあり、クリエイターのレベルによってアップロード上限も決まっています。

初心者でも写真の承認率や販売数が上がった方法は別の記事で公開しています。

・shutter stock(シャッターストック)

海外のストックフォトサイトです。日本語版のサイトもありますし、審査も甘いですが、英語でタイトルやタグ付けをする必要があります。私は英語のタグ付けが面倒だったのであまり登録していませんが、比較的売れやすい傾向はあります。

shutterstockはこちらから

・写真AC(フォトAC)

私のストックフォトの利益のほとんどが「写真AC」からの収入です。自分の写真がダウンロードされると3円分のポイントをもらえます。単価は低いですが、ダウンロードは無料でできるので、質の高い写真を登録すると定期的にダウンロードされます。人物写真はモデルの申請をしなければなりませんが、1ダウンロードにつき10円の高単価なので狙い目です。

ストックフォトサイトの中では比較的新しく、素材数が足りていないジャンルも多いです。アップロードの上限もなく、審査も比較的通りやすいので、初心者の腕試しとしては最適のストックフォトサイトです。

写真ACはこちら

●旅をしながら稼ぐ方法

旅の経験だけでは、コンテンツとして限界があるので、旅をしながら稼ぐ方法をご紹介します。

1.ブログ

旅人の中にはブログで生計を立てている方も多いです。1度書いた記事は、自分のサイト上に残り、資産となります。Webライターとして他のサイトに掲載するよりも、自分のサイトのコンテンツとして残しておいた方が良いと思います。

ブログに書く内容は、自分の得意分野に絞ると運営しやすいです。

私も副業としてブログを初めて、3ヶ月ほど徐々に収益が上がってきました。ブログの稼ぎ方やブログの始め方は別の記事で解説しているので参考にしてみてください。

ベースができれば安定して収益が発生しますし、初心者でも簡単に始められるので、今回ご紹介する方法の中ではかなり現実的な方法です。ブログで稼ぐイメージができない方も、とりあえず始めてみて運営していくと、稼ぎ方が見えてくるので、まずはチャレンジしてみましょう。

2.プログラミング・プログラマー

ブログと同じく現実的なのが「プログラミング・プログラマー」です。ネット環境とパソコンさえあればどこでも仕事をすることができます。

仕事の単価が高いのも魅力的で、スキルが上がってくてば1つの案件で10万円以上稼げる可能性もあります。

仕事は「クラウドワークス」や「Bizseek(ビズシーク)」などのクラウドソーシングサイトや「ココナラ」を使うと簡単に見つけることができますし、プログラミング関係の案件は常に出ています。

CrowdWorks(クラウドワークス) はこちら Bizseek はこちら ココナラ はこちら

プログラミングは独学でもできますが、最近では効率的に学べるプログラミングスクールもあるので、そちらを利用するのが効率的です。

料理人やパティシエなどの忙しい仕事でもプログラミングを学べるプログラミングスクールを別の記事で紹介しているので参考にしてみてください⬇︎

未経験からIT系へ!おすすめのプログラミングスクール厳選3選。

3.FX

ご紹介する中では最短で結果を出すことができるのが「FX」です。口座開設さえ完了すればすぐに始められ、稼ぐことが可能です。ただ、同時に「損をする」というリスクもあるので、最低限の知識や経験・リスク管理は必要になります。

私も利用していて、月に1万円〜利益を上げていますが、資金を増やせばさらに大きく稼ぐことも可能です。初心者にオススメのFX会社や注意点は別の記事に詳しく解説しています⬇︎

稼げる副業3選を詳しく解説。FX・ブログ・プログラミング【パティシエ・料理人の副業】

4.インスタグラマー

最近話題となっている「インスタグラマー」という職業も旅行しながら稼ぐことができます。ただ、多くのフォロワーがいることが前提となります。私としては稼ぐイメージが沸きにくく、かなりハードルが高い仕事なのかなと思います。

●リゾートバイトで旅しながら働く

収入を得ながら旅行する方法として確実な方法が「リゾートバイト」です。案件は日本全国にありますし、特別なスキルを必要としない仕事も多いです。

住む場所も確保されているので、次の旅先への貯蓄をすることも可能です。

リゾートバイトの大手3社は別の記事で紹介しています。1週間〜の短期バイトからあるので、短期から挑戦してみるのも良いと思います。

●短期集中で稼ぐ工場バイト

旅行とは関係ありせんが、集中して旅の資金を稼ぐ方法として「工場バイト」があります。寮完備で、高待遇の案件も多いです。仕事は「工場ワークス」というサイトで簡単に見つけられますし、日本全国に案件があります。

●まとめ

旅を仕事にする方法や旅をしながらお金を稼ぐ方法をご紹介しました。いくつかご紹介しましたが、「個人ブログ」と「プログラマー」が安定していて、稼ぎやすいのでおすすめです。

ブログはベースとなるサイトを作成する期間が必要ですし、プログラマーは最低限のスキルを身に着ける期間が必要です。

焦らず、じっくりと準備期間を設けるようにしましょう。

●おまけ

継続して稼ぐことは難しいですが、ポイントサイトを使うと10万円ぐらいは簡単に稼ぐことができます。旅行の準備に便利な案件もあり、無料で利用できるので、登録しておいて損はないと思います。

ポイントサイトは「モッピー」が案件数が多くおすすめです。別の記事で詳細を書いています⬇︎

参考程度にパティシエとして働きながらできる副業のまとめ記事もご紹介します。今回ご紹介した稼ぎ方と似たような項目が多いので参考になるかと思います。

【14選】料理人・パティシエにおすすめの”副業”まとめ。「働き方改革」で収入アップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。