素人がストックフォトだけで生活できる?稼ぐための方法。

一眼レフカメラが低価格化・デジタル化し、誰もがハイクオリティな写真を撮れるような時代になりました。

手軽にできる趣味でもあるので、インスタグラムでも素敵な写真を公開している人がたくさんいます。

ただ、できれば

「自分で撮影した写真でお金が稼げたら嬉しいな」

と思っている方も多いと思います。

私も、旅行で撮影した写真のデータがハードディスクに眠っていたので、なんとか活用する機会がないかと探していました。

素人カメラマンが写真を販売しようとした時に、最も手軽なのが

「ストックフォトサービス」

カメラ・写真好きであれば知っていると思いますが、自分の写真をネット上で販売できるサービスです。

今回は、本業はパティシエで趣味で旅の写真を撮影している素人カメラマンがストックフォトでどれぐらい稼げたか?

をご紹介します。

結論

結論から言うと、月の収益は5000円〜10000円ぐらいで安定しています。

本格的に取り組んだ期間はだいたい6ヶ月ほどでした。

半年ぐらい集中的に取り組んで、その後はコツコツと登録している感じです。

やり方によっては、もう少し収益は伸ばせるのかな?とも感じたので、さらに詳しくご紹介します。

利用したストックフォトサービス

ストックフォトサービスはいくつかありますが、私が6つほど試したストックフォトサービスの中から、まとまった成果の出やすい3つをご紹介します。

①PIXTA

誰もが知っている超有名サイトです。プロ並みの写真も登録されていますが、素人でも簡単に登録できます。

【特徴】
●月の登録枚数に制限がある
●審査が割と厳しい
●クリエイターのレベルによって収益が変わる

実績を積まないと、登録できる枚数も収益も伸びにくいストックフォトサイトです。

利用者が多いので審査にも時間がかかりますし、慣れないうちは審査で落とされることも結構多いです。

PIXTAはこちら⬇︎

写真素材のピクスタ

②photoAC(写真AC)

ストックフォトサービスの中では比較的新しいサービスですが、爆発的に利用者が増えているサービスです。

【特徴】
●ダウンロードユーザーが無料でダウンロードできる
●審査は甘め
●スマホの写真でも登録できる
●登録枚数に制限がない

1番の特徴は、ダウンロードするユーザーが無料でダウンロードできること。

無料ダウンロードでも、写真を登録したクリエイターには2.75ポイント(1ポイント1円相当)が貯まります。人物写真であれば5ポイント。

1枚1枚の単価は低いですがダウンロードする側は無料なので、素人の写真であってもダウンロードされやすいです。

審査は一応ありますが、甘めでスマホの写真でも登録できるのが特徴です。

登録できる枚数にも制限がないので、撮影した写真がたくさん眠っている人は、とりあえず登録しておいても良いのかなと思います。

写真ACはこちら⬇︎

写真素材無料【写真AC】

③shutterstock(シャッターストック)

海外のストックフォトサイトです。世界中に利用者がいるので、ストックフォトサイトとしては圧倒的に利用者が多いです。

【特徴】
●審査は厳しめ
●英語でタグ付け
●世界中からアクセスがある

世界中からアクセスがあるので、売れるチャンスも多いサイトです。

ただ、タイトルやタグ付けを英語でしなければならないので、知識がないと適切なタグをつけるのが大変です。

写真に日本語が写っている場合は、その説明も加えなければならないので、作業量も多くなってしまいます。

サイト自体は日本語で利用できるので、登録は簡単です。

shutterstockはこちらから

どのサイトが売れる?

どのサイトにどれぐらい登録して、それぐらいの収益があるか?をご紹介します。

◉PIXTA

●登録枚数は約300枚
●月の収益は1000円〜2000円

定額制のダウンロードでコツコツと売れます。月に数枚ですが、単品購入で大きな利益が出ることがあります。

大きいサイズであれば1枚で1000円以上の利益が出たこともありました。

◉photoAC

●登録枚数は約2000枚
●月の収益は5000円〜8000円

圧倒的に登録枚数が多いです。1日に数十枚ダウンロードされるので、モチベーションが保ちやすいです。

◉shutterstock

●登録枚数は約120枚
●月の収益は100円〜

英語のタグ付けが大変なので、途中からほとんど作業していません。収益がアメリカドルで計算されるので、月の収益は1$〜。

日本の観光地の写真がたまにダウンロードされます。

収益を伸ばすコツ

実は、私は以前にもストックフォトに挑戦したことがあるのですが、その時はほとんど稼ぐことができませんでした。

PIXTAに関しては、ほとんど審査で落とされてしまうほど・・・

そこで、今回は写真の「レタッチ」をして写真を登録しました。

審査を通過する確率も上がりましたし、単価の大きい「単品購入」も増えたので、収益を伸ばしたい方はある程度写真の「レタッチ」や「加工」のテクニックが必要なのかなと思います。

私も素人ですが、レタッチ方法を公開しているので参考にしてみてください⬇︎

【素人カメラマン】ストックフォトで承認率や売り上げが激増した方法をご紹介。

◉狙い目は「人物写真」

やはり収益を伸ばしたいのなら「人物写真」に取り組むのが得策かなと思います。

photoACでも人物写真はポイントが大きく、まだまだ素材数も少ないので狙い目です。

まとめ

正直、素人カメラマンがストックフォトだけで生活するのはかなり大変です。

「撮りたい写真だけ」では需要も限られてくるので、稼げるジャンルの写真を「狙って撮影すること」も必要なのかなと思います。

おすすめ・人気記事はこちら⬇︎

個人が「旅を仕事にする」具体的な方法のまとめと稼ぎ方【10選】

【14選】料理人・パティシエにおすすめの”副業”まとめ。「働き方改革」で収入アップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。