キリツテインを徹底解説。口コミ・飲むタイミング・効果ある?

思春期の子供の約5%〜10%に発症の可能性があるとされている「起立性調節障害」。

主な症状は

立ちくらみ、失神、寝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛”など。

私も中学生の頃に悩まされた経験があり、その時の症状は「朝起きられない」・「長時間の起立で立ちくらみ」。

当時は、成長と共に治るだろうということで、とくに薬やサプリメントは服用せずに過ごしていました。

私の経験や「起立性調節障害」の原因については、別の記事で詳しく紹介しています⬇︎

起立性調節障害の原因と改善のためのサプリ。朝起きれない中学生のために。

この記事では、私が学生時代にはなかった「起立性調節障害」の対策・改善のサプリメント「キリツテイン」についてご紹介します。

キリツテインとは?

キリツテイン公式サイトから画像引用

「キリツテイン」は起立性調節障害の対策・改善を目的としたサプリメントです。

公式サイトやネット上の口コミなどから

●どんな効果がある?
●本当に効果がある?
●ネットの口コミや評判は?
●どこで購入できる?
●飲むタイミングはいつ?
●注意点はある?

という疑問について徹底的に解説したいと思います。

キリツテインの公式サイトはこちら⬇︎

◉キリツテインにはどんな効果がある?

キリツテインの効果は簡単にいうと「朝が苦手な人をサポート」してくれるということ。

起立性調節障害の主な原因は

●夜更かしなどの生活習慣の乱れ
●学校生活や部活動などの精神的ストレス
●学校・家庭・人間関係などの不安

で、精神的なことが大きく影響します。

この精神的ストレスに効果があると言われているのが「L-テアニン」という成分。そしてさらに高純度のテアニンが含まれているのが「キリツテイン」という商品です。

効果をまとめると

●リラックス効果
●ストレス解消効果
●睡眠の質を上げる効果
●眠気をスッキリさせる効果

が期待できるようです。

◉テアニンって何?

「高純度のテアニンが含まれている」と言われてもピンとこなかったので、調べてみました。

「L-テアニン」は簡単にいうと”リラックス成分”

身近な例だと「お茶を飲むとホッとする」という状態。これは緑茶に「L-テアニン」が含まれているからだそうです。

◉リラックス成分のサポート

起立性調節障害で朝起きられなくなるのは、朝活発に動けるように働きかける「交感神経」、夜に体が寝る準備をするように働きかける「副交感神経」のリズムが崩れることでおきます。

このリズムを「自律神経活動」というのですが、精神的なストレスによって乱れやすいのが思春期。

そんな思春期の精神的ストレスを和らげ、正常な自律神経活動ができるようにサポートしてくれるのが「L-テアニン」であり、「キリツテイン」という商品ということになります。

◉その他の成分

「キリツテイン」には「L-テアニン」の他にも3つの成分が含まれています。

①ヘム鉄

簡単にいうと「鉄分」です。鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があるのですが、キリツテインにはより吸収力の高い、動物性の「ヘム鉄」が豊富に含まれています。

②高麗人参

万能な漢方薬というイメージの「高麗人参」の成分も含まれています。高麗人参には、疲労回復・新陳代謝の活性化・緊張をほぐすという効果があります。

③亜鉛

現代人に不足しがちなのが「亜鉛」です。調理工程で失われることが多いミネラルで、普段からインスタント食品やファストフードばかり食べている人は注意が必要です。

亜鉛が不足すると、良質な睡眠ができなくなります。また、亜鉛には成長ホルモンを分泌させる働きがあり、子供の成長期にはとくに重要な成分です。

女性にとって亜鉛不足は体のバランスの乱れ、生理不順に繋がるとも言われています。

本当に効果がある?

この後の「口コミ・評価」でもご紹介しますが、服用後「効果があった」と実感している人は多いようです。

公式サイトでは「顧客満足度92.7%」と紹介されています。

◉効果が出るまでの期間は?

効果を実感するまでの期間は個人差があり、早い人だと飲んだ翌日に朝スッキリ起きられたという人もいました。

遅い人だと1ヶ月〜2ヶ月後に効果を感じたという人も。

個々の精神状態も関係してくるので、効果が出るまでの期間も個人差が出るようです。

◉効果ない人の特徴

中には「効果がなかった」という人もいました。

考えられる要因としては、個人の生活習慣の乱れによって朝の活動に影響が出ていること。

最近であればスマホやタブレットが普及し、ついつい夜更かしをしてしまったり、1日中目に負担がかかっていたりする場合があります。

精神的なストレスとは違った要因となるので、「キリツテイン」の効果を充分に得られない可能性があります。

生活習慣の乱れまでを改善できるほど万能ではないので、まずは自分の生活習慣を見直す必要がありそうです。

ネットの口コミや評判は?

ネット上で見つけた口コミや評判をまとめます。

中1の娘が朝早く起きられるようになった。健康食品だけれど、将来的にこれがないと困るということになってもイヤなので、登校日以外は飲まないようにしたりと自分で工夫している。

Amazonカスタマー

子供の為に買ったのですが、まあまあ効いている感じはあります。極端に朝 起きる事を嫌がらなくなりました。サッと支度が出来るようになってきたように思います。続けていきたいです。

Amazonカスタマー

その他、効果が出るまでの期間はさまざまですが、朝起きるのが楽になり、学校や仕事に遅刻することがなくなったという口コミが多かったです。

全体的にみるとかなり評判が良い印象を受けました。

キリツテインはどこで購入できる?

キリツテインはAmazon・楽天市場・Yahooショッピングで購入することができます。

しかし、公式サイトの「定期コース」で購入した方が安く購入できるので、購入する際は公式サイトのコースでの購入をおすすめします。

最も安いのは9ヶ月の「完全朝型コース」で1ヶ月あたり3500円で購入できます。

公式サイトはこちらから⬇︎

ただ、定期コースの途中解約には”違約金”が発生するのでその点だけ要注意。

キリツテインを飲むタイミングは?

キリツテインは1日に4粒〜6粒を飲むことが目安。

タイミングについては、リラックスしてより良い睡眠が期待できる「寝る前」が良さそうです。

「L-テアニン」は服用後、効果が出るまで30分〜と言われているので、寝る前のできれば30分から1時間ぐらい前に飲むと良い効果が期待できそうです。

また、朝の通勤・通学の時間が苦痛でリラックスできない方は、その時間に合わせて服用することで、ストレスの軽減が期待できます。

◉注意点

キリツテインは薬ではなく「サプリメント」なので、”飲んだら眠くなる”という睡眠導入剤的な効果はないので、あくまでより良い睡眠をサポートする、精神的ストレスを軽減する、というサポート的役割であることを理解しておくことが重要です。

飲み方の注意点としては、コーヒーやお茶などの”カフェイン”入りの飲み物と一緒に飲まないこと。

その他の注意点としては、やはり「個人の生活習慣までは治せない」ということ。

あくまで、サポート的な役割なので、規則的な生活習慣をすることは前提とした効果であることを理解しておきましょう。

まとめ

「起立性調節障害」の対策と改善のためのサプリメント「キリツテイン」についてご紹介しました。

思春期に多いということですが、社会人になってからも知らないうちに発症している場合があります。

生活環境が変わり、朝起きられなくなったと感じた方も試す価値があるのではないか?と思います。

私が「起立性調節障害」に悩んでいたのは中学1年生〜中学3年生までの期間。

長く付き合っていかなければならない可能性もあるので、よりお得に利用できる「定期コース」が良いのかなと思います。

キリツテインの公式サイトはこちらから⬇︎

起立性調節障害の原因と改善のためのサプリ。朝起きれない中学生のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。