【海外】フランス留学でコンタクトレンズはどうした?ワーキングホリデーの1年間でどれぐらい必要?

私はワーキングホリデービザを使って1年間フランスで働いた経験があります。

海外生活ということで、事前に準備することがたくさんあるのですが、その中でも「コンタクトレンズ」については現地で購入できるのか?日本より高いのではないか?と不安に思う方も多いと思います。

この記事ではフランスのコンタクトレンズ事情と私が実際にどのように1年間乗り切ったかをご紹介します。

日本のネットでまとめ買い

私は、現地購入に不安があったので日本のネット通販でソフトコンタクトレンズをまとめ買いして行きました。私は視力が0.1以下でコンタクトレンズがないと日常生活ができないほどなので、手元に常に持っていられるようにしていました。

オススメは完全送料無料のメアシスです↓↓

【完全送料無料】メアシス

他にもネットで購入できるサイトはいくつかあるので最後にまとめてご紹介します。

1年間でどれぐらい必要?

私は2週間の使い捨てコンタクトレンズを使っていたのですが、乾燥した気候もあって2週間もたないことも多く、1年間で14ヶ月分使っていました。

心配症な私は18ヶ月分持って行っていたので、余分に持っていってよかったなと思いました。

ちなみにメガネも2個持って行きましたよ。(超心配症)

保存液はどうする?

保存液は日本から大きめの物を1本持っていったのですが、すぐに使い切ってしまったので、現地の薬局で購入しました。日本よりも少し高いかなという印象でしたが、簡単に手に入るので特に心配はいらないと思います。

フランスの水道水は日本よりも衛生的に不安があるので、レンズの洗浄も保存液や購入した綺麗なお水を使った方が良いです。

現地でも購入できる?

調べて見ると、現地でも購入できるようです。ただ、医者の処方箋が必要なので、フランス語ができないと少しハードルが高いようです。

ネット購入できるサイトもあるみたいですが、こちらもフランス生活に慣れていないと少し不安ですね。

購入の仕方を紹介しているブログがあったので紹介しておきます。

フランスでコンタクトレンズの購入を紹介しているブログはこちら

日本でネット購入できるサイト

日本でコンタクトレンズを購入できるサイトをいくつかご紹介します。

・メアシス

私が普段から使っているサイトです。送料無料で発送も早いです。サイトの作りも見やすくて、広告にも有名なタレントさんを起用しているので信頼できるサイトだと思います。

・レンズクラス

クーポンやまとめ買いセール、ポイント還元などお得に可能性があります。

・アレッズコンタクト

在庫があれば即日発送してくれます。

まとめ

フランス留学の際のコンタクトレンズ事情についてご紹介しました。無難なのは日本で多めに購入して持っていく方法だと思います。

デメリットとしては荷物が少しかさばること。ただ、私は2年分(16箱)持って行きましたが、コンタクトレンズの箱は1つ1つが小さいので、隙間に入れ込めばいくらでも詰め込むことができました。重さも軽いのでそれほど圧迫している感じはなかったです。

万が一に備えて現地で手に入れる方法も知っておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。