営業時間の短縮って意味あるの?どういう効果が期待される?【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、お店の「営業時間の短縮」という対策が求められています。

この記事では

●「営業時間の短縮」にはどのような効果が期待されているのか?
●「短縮」に意味はあるのか?

についてご紹介します。

営業時間の短縮の効果

営業時間の短縮で期待できる効果はいくつかあります。

◉外出自粛の支援

まずは「不要不急の外出自粛」の支援です。お店が空いていなければ外出の必要性はなくなります。

◉従業員の生活の確保

臨時休校が延長されたことで「子育て支援」として、営業時間の短縮をする場合もあります。ただ、時給制の場合は収入が減ってしまうというデメリットもあります。

◉従業員を減らす

同じく子育てのためや、従業員を出来るだけ減らし「密」を避けて営業するために営業短縮は効果があると言えます。

短縮の意味あるの?

営業時間の短縮によって得られる結果として

●従業員の安全確保
●通勤ラッシュを避けられる
●外出自粛を支援

などがあります。

各都道府県や自治体によっては「休業・営業短縮協力金」によって支援されます。

ただ、休業しても生活が確保できるほどの支援があれば、できれば休業したいお店がほとんではないか?と思います・・・

新型コロナウイルス対策のまとめ。消毒・除菌グッズ、在宅ワーク、飲食店のコロナウイルス 対策など【随時更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。