証明写真のサイズや貼る場所について丁寧に解説。【フランスワーキングホリデー】

フランスのワーキングホリデービザの申請に必要な書類は下記の通り。

  1. 申請書類チェックリスト 詳細
  2. 長期ビザ申請書1部 書き方
  3. 証明写真1枚
  4. パスポート 取得方法
  5. 申請動機作文1部 書き方
  6. 滞在中の計画書および履歴書 書き方
  7. 残高証明書  取得方法
  8. ワーキングホリデービザ宣誓書 書き方
  9. 健康診断書 詳細
  10. 海外旅行保険加入証明書 詳細
  11. レターパック(ビザ付きのパスポートを郵送で受け取る場合)
    レターパックの詳細は郵便局のHPへ

申請の全体の流れはこちらから見れます

この記事では「3.証明写真1枚」について詳しく解説したいと思います。

証明写真

この証明写真についてはフランス大使館のHPによると

正面、無帽、背景は白、35×45mm、デジタルデータ不可。申請書指定位置に貼る

フランス大使館のホームページから引用

パスポート用の写真と同じサイズなので、渡仏用にパスポートを取得する方は余分に持っておくと良さそうです。

注意点としては、白背景であるかを確認しておくこと。新しく撮影する際にも背景が白であることを確認しましょう。

写真を貼る場所

長期ビザ申請書

写真を貼るのは長期ビザ申請書の右上のスペース。枠があるのでこちらに貼るだけです。

まとめ

フランスワーキングホリデービザの申請に必要な証明写真について解説しました。基本的にはパスポートの写真と同じで大丈夫だと思います。

写真機を使って自分で撮影する場合は、サイズと背景、顔がはっきりとわかるようにという点に注意して撮影しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。