フリーランスのパティシエは可能?私が始めた取り組み。【料理人・パティシエの働き方】

近年、新しい働き方として注目されている「フリーランス」。

個人的なイメージは

●時間や場所に縛られず、働く人
●やればやるほど収入に繋がる

というざっくりしたもの。

フリーランスとは?

「フリーランス」の働き方は人それぞれなので定義付けが難しいのですが、簡単にまとめてみます。

フリーランスは会社や団体に所属せず、仕事単位で契約して報酬をもらいます。

その期間や報酬の査定もさまざまで、自分自身のブランディングや交渉能力も必要となります。

フリーランスの多くが、プログラミングやデザイナー、カメラマン、映像編集など、オンラインで仕事ができるスキルを持っています。

◉フリーランスのメリット

フリーランスメリットはいくつかありますが、まずは「働く時間」を自分で決められること。

極端な例をあげると、

「1ヶ月みっちりと働いて、1ヶ月好きなことをする」

という繰り返しができたりします。

もう1つは、「働く場所」を自由に選べること。

厳密には、「インターネット環境がある場所」となりますが、現代ではそれほど問題にならないポイントですね。

世界中を旅していたり、海外に拠点を置いて日本向けのビジネスをしている人もいます。

◉フリーランスのデメリット

デメリットはまず「スケジュール管理」を自分でしなければならないこと。

オンラインで仕事をしている分、「信頼の獲得」というのはその後の仕事に大きく影響してきます。

●仕事を多く抱えすぎて納期に間に合わない
●仕事をこなせず、収入が足りない

ということではフリーランスで生きていくのは難しいです。

もう1つあげるのであれば、保険・税金・年金等の各種手続きを全て自分で行わなければならないこと。

最近はフリーランス向けのサポートもあるので、そちらを利用する方もいます。

フリーランスのパティシエは可能?

では、フリーランスのパティシエとはどんな働き方なのでしょうか?

例をあげると

●製菓専門学校の外部講師
●繁忙期の洋菓子店・パティスリーのヘルプ
●お土産菓子のレシピ開発
●特注デザインのウェディングケーキの作成
●定期的なスイーツビュッフェ等のイベント開催

などでしょうか。やはり「製造」と「提供」ということが前提となるので、「場所を自由に」とはいきません。

同じく時間も「昼間」に限定されることが多く、拘束されそうです。

”企業や団体に所属していない”という意味ではフリーランスと呼べるかもしれませんが、”パティシエ”という仕事をメインとすると、あまり自由に動けないというのが現実なのかな?と思います。

私の理想の働き方

パティシエとして働いていて感じるストレスに

●どれだけ効率よく作業しても給料が変わらない
●暇でも出勤しなければならない

ということがあります。企業や団体に所属していれば、誰でも当てはまることだとは思いますが、経験を積んだパティシエほどそのストレスは大きくなるのではないか?と思います。

その上で、私のパティシエとしての理想の働き方は

「働いた分だけ、収入を得られる」

という働き方。

具体的には、「人数を限定したお菓子のイベント」などがあります。

予約制のデザートビュッフェ等で、そのイベントに対して全力でレシピ開発・製品作成に取り組みます。

人数制限をすれば必要な商品量や原価、利益等の計算も用意で、制作も1人で十分可能です。

その他にも開催までに必要な要素はありますが、十分に実現可能な働き方であると思います。

パティシエを副業にする

パティシエとして「フリーランス」な生き方をするための近道は

「パティシエを副業にする」

ということ。

結局のところ、プログラミングやWebデザイン等のスキルを取得。

そちらを本業として生計を立てる方が現実的です。

その上で、「パティシエのスキルを生かしたイベント」を副業として取り組むと、失敗のリスクを重く考えることなく、イベント開催をすることができます。

イベント開催意外でパティシエを生かした稼ぎ方としては

●レシピ動画の作成
●レシピ本の作成
●焼き菓子のオンライン販売

などが考えられ、いずれも「副業」として取り組めるパティシエの仕事であると思います。

パティシエを副業にするために始めたこと

「パティシエを副業」にするために私が始めたことは

パティシエとして働きながらできる副業」です。

現在は副業ですが、いずれはその”副業”を”本業””パティシエ”を”副業”にしたいと考えています。

副業にはいくつか挑戦しましたが、手応えを感じているのは

「FX」・「ブログ」・「プログラミング」です。

この3つの副業の稼ぎ方や勉強法については別の記事で紹介しています⬇︎

稼げる副業3選を詳しく解説。FX・ブログ・プログラミング【パティシエ・料理人の副業】

プログラミングについては、「未経験者におすすめのプログラミングスクール」を別の記事で3つに厳選してご紹介しています⬇︎

未経験からIT系へ!おすすめのプログラミングスクール厳選3選。

フリーランスのパティシエは可能?

結論としては、

「フリーランスのパティシエは可能であるが、一般的なフリーランスとは違った働き方になる。」

と言った感じでしょうか?

基本的には

●拘束時間が長い
●給料が上がりにくい
●休みが不定期

というのが特徴の飲食業なので、フリーランスとしての働き方も少し工夫が必要で特殊になってしまいます。

その他にも「料理人やパティシエができる副業」は紹介していて、「フリーランス」への”ヒント”があるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください⬇︎

【14選】料理人・パティシエにおすすめの”副業”まとめ。「働き方改革」で収入アップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。