地方の飲食店がテイクアウトアプリを導入するならどれ?【集客・宣伝】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、飲食店の運営スタイルは大きく変化。

緊急事態宣言は全面解除となりましたが、すぐに今まで通りの生活が戻るわけではなく、引き続き新型コロナ対策は続けていく必要があります。

どうしても「密」になってしまう飲食店が行った対策として「テイクアウト」があります。

とくに、環境的に「デリバリー」を導入できない地方の飲食店にとっては、この「テイクアウト・お弁当」の導入が切り札となっています。

●テイクアウトを始めたこと
●お弁当の販売を始めたこと

を知ってもらうことが「集客」するために重要で、現状では「SNS」が主な宣伝方法。

すでに常連客がいたり、SNSのフォロワーを持っているお店は

「テイクアウト始めました!」

である程度集客できるのですが、新しく参入したお店がすぐに集客するのは非常に難しいです。

SNSが苦手なお店は、宣伝が上手なお店に埋もれてしまう・・・

そこで利用したいのが「テイクアウトアプリ」

すでに東京を中心に導入が進んでいて、デリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは違った新型コロナウイルス対策として注目されています。

都心以外ではまだまだ知名度の低い「テイクアウトアプリ」ですが、今後地方でも大きく市場が広がる可能性があります。

ということで、この記事では

「地方のお店が導入すべきテイクアウトアプリ」

をご紹介します。

●テイクアウトアプリ 「menu」

今大きく広告もされているテイクアウトアプリ「menu(メニュー)」

バナークリックで公式サイトへ⬆︎

日本全国47都道府県のテイクアウトできるお店をアプリで検索することができます。

試しに私もインストールしてみました。

東京の新宿駅周辺で検索すると、このように表示されました。

写真付きで、口コミ評価・出来上がりまでの目安まで簡単に見ることができるのでかなり使いやすい印象。

地図検索以外にも、料理のジャンル別に検索もできます。

ユーザー目線で考えると、SNSで検索するよりも検索がしやすく、

●現在地の近くにお店はあるか?
●自宅や職場の近くのお店にはあるか?

と直感的に調べることができるのも魅力です。

飲食店オーナー目線で考えると導入費無料で利用できて、集客もできるのならぜひ導入したいところ。

◉今はまだ東京中心

実際に使ってみてとても使いやすい印象でしたが、問題点が1つ。

「東京都心のお店しか加入していない」

私が住んでいる鹿児島ではまだほとんど導入しているお店がなく、お店を検索できない状態でした。

わざわざ新宿で検索した理由がコレです。

ただ、「menu」は現在テレビCMを全国的に放映していたり、飲食店オーナー向けに「導入無料」のキャンペーンを行っています。

今はまだ知名度は低いサービスですが、今後大きな成長が期待できそうです。

テレビCMにはオードリーさんが出演しています⬇︎

今後に向けて先行導入

新型コロナウイルスは確かに飲食業界へ大きな打撃を与えました。

ただ、少しポジティブに考えると「飲食店の新しい経営スタイル」の可能性を見つけるきっかけとなったことも事実。

今後、感染第2波・第3波が起こる可能性もありますし、終息後もしばらくは「テイクアウト」の需要はあると思います。

その際に、この「menu」というアプリが大きな市場となっている可能性もあります。

1店舗だけの導入ではリスクがあるので、周辺のテイクアウト販売を始めた飲食店と協力してこのサービスの導入を進めるのも1つの手段となりそうです。

その他のテイクアウトアプリ

テイクアウトアプリとして「menu」をご紹介しましたが、その他にもアプリは存在します。

●LINEポケオ

LINEが運営しているテイクアウトアプリです。今や誰もが使っている「LINE」が運営していることもあり、ユーザーとしては使いやすいです。

ただ、加盟しているのは大手チェーン店がほとんどなので、個人店は参入が難しいです。

●食べログ テイクアウト

飲食店検索と言えば「食べログ」。「食べログテイクアウト」というサービスがありますが、現状は検索の対象地域が都内だけ、現在地の800m圏内しか検索できない。と問題点もあります。

飲食店検索サイトとしての知名度は抜群なので、今後改善が見られればぜひ掲載したいサイトです。

●EPARK(イーパーク)

サロンや病院の検索サービスも提供している「EPARK」のテイクアウトできる飲食店を掲載しています。

飲食専門のサイトではないため、ユーザーが少ないのが欠点。

●Picks

アプリが直感的で使いやすい印象です。今後人気となる可能性のあるサービスです。現在は、東京都心のお店の掲載がほとんどで地方への広告はほとんどしていない状態です。

アプリ・サービスの質を考えると「menu」・「Picks」が今後伸びていきそう。

総合的に考えると「menu」

総合的に考えると、やはり、全国的に広告を出していて「導入無料」のキャンペーンも行っている「menu」が今最注目のテイクアウトアプリと言えそうです。

あとは、今後どれだけ日本全国に広まっていくか?によると思います。

ウーバーイーツの導入は難しいけど、テイクアウトアプリならすぐに広まっていくかも!

ユーザー目線で見ても、SNSで検索するよりもアプリで簡単に、直感的に検索できる方が便利なので、ぜひ広まって欲しいサービスです。

「menu」の公式サイトはこちらから⬇︎

新型コロナウイルス対策のまとめ。消毒・除菌グッズ、在宅ワーク、飲食店のコロナウイルス 対策など【随時更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。